語学留学の成功する秘訣とIELTSの勉強

語学留学といってもいろいろな形があります。

英語を学ぶだけでなく海外で働いてみたいシ観光もしたいというのであれば語学留学というよりはワーキングホリーでのほうがいいかもしれません。

ワーキングホリーでは滞在期間も最長で1年間あるので英語の勉強だけでなくアルバイトもできますし、観光旅行も可能です。

とにかく英語の勉強をしたい、語学力をアップさせたいというのであれば自分のレベルにあった語学学校で勉強するだけでなく、日常的にも英語にどっぷり浸かることができるホームステイ、特に英語教師宅へのホームステイがよいかもしれませんね。

語学学校の選び方としては自分のレベルにあっていること、目的に合うコースがあることが重要になってくるでしょう。

英語を学ぶというよりはいろいろな体験をしたいという人であれば語学学校と異文化体験がセットになっているコースもあるのでそういうコースを選ぶのもよし、おペアといって海外の一般家庭で子供の世話をしたり家事を手伝って部屋と食事を提供してもらうようなプログラムを利用するのもいいですね。

海外でキャリアアップをはかりたいと思っているのであればある程度国内で語学を身につけてから語学力アップのためにレベルの高いコースに入り、専門学校などに進むための対策をするということもあるでしょう。

インターンシップ制度を利用するという手もありますね。

いずれにしても語学留学を成功させる秘訣はまず目的をはっきりさせることです。

留学というのは目的ではなくあくまでも手段であることを忘れずに、どういった目的のために留学するのか、留学することを通して何を実現したいのか、自分の中で整理しましょう。

留学するにはそれ相応のお金と時間がかかります。

少しでも格安にしたのであれば事前準備は不可欠です。

すべてエージェント任せにするのではなく、エージェントに頼む前にエージェント選びからすることが重要ですね。

そしてわざわざ高いお金を出して海外の学校に通うわけなので日本にいてもできるような勉強ではなく基礎的な英語力は身につけた上で行ったほうがコスパのいい留学になります。

よくせっかく海外に行ったのに行った先の学校で日本人が多くて勉強にならなかったなんていう人がいますが、それこそ甘えです。

環境的には日本と全く違うところに身をおいているのですから、そこで自分がどう行動するかだけで日本人の多い少ないは関係ないでしょう。

授業中は積極的に、わからないことはわからないとはっきりいい、できないから学びにきているんだと開き直るぐらいの気持ちで授業に臨むことです。

準備を怠りなく、現地に行ったら積極的に、一期一会の気持ちで毎日を過ごすことです。

語学留学と言っても、単に現地の学校で英語を学ぶというだけよりも、出来ればその後に繋がるような勉強を同時にしたいものですね。

オーストラリアの語学学校の多くは、IELTS対策コースを開いているところが多いので、そういったIELTS対策コースで勉強するのもよかもしれません。

IELTSコースは高い!という人は、効率のよいIELTSの勉強法を教材を使って自分で勉強しつつ、通常の一般英語コースに通って必要に応じて学校の先生に質問するなどすることで、効率よくIELTSのスコアを上げることができるのではないでしょうか。

英語の勉強は大変ですが、英語ができるようになると一気に世界が広がるので、頑張って勉強を続けていきましょう。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学エージェントの選び方

留学エージェントというのは留学全般のアドバイスをしてくれたり、留学手続きの代行や現地でのサポートなど留学に関するいろいろなサービスを提供してくれます。

一般的には留学エージェントのサービスは有料ですが、中には無料で行っているところもあります。

語学留学の場合には手数料無料という留学エージェントも多いのですが、大学やカレッジ、高校への留学の場合のエージェントは有料で高額手数料となるところが多いようです。

語学留学の場合に手数料が無料になるのは学校側からエージェントに紹介手数料が支払われるために無料でサービスを行うことができるのです。

大学等の場合には提出する書類が多方り大学側とのやりとりも頻繁に置こぬ必要があるので時間と手間がかかってしまうのでどうしても手配料がかかってしまうのです。

中には大学等の手配も無料で行っているエージェントもあるので調べてみるとよいでしょう。

有料エージェントの場合には料金はかなり異なっており、サービス内容もエージェントによって違っています。

何のサービスを提供してくれて何が料金に含まれていないのかをきちんと確認することが重要ですね。

良い留学エージェント探しにはポイントがあります。

まず、サービス内容を明確に説明してくれること、希望をよく聞いて特定の学校を強引に勧めないこと、学校のオリジナルパンフレットで価格表をきちんと見せてくれること、旅行業登録をしていること、カウンセラーの対応がしっかりしていることなどです。

もちろん留学の手続きは自分でできます。

ただ、自分で手配する場合には情報収集に時間と費用がかかり、現地とのやりとりにも時間と費用がかかってしまいます。

英語でのやりとりとなるとうまく伝わらなくて行違いが起きてしまうこともあるかもしれません。

時間と費用をかけて自分でやるのか、手数料がかかってもエージェントに頼むのか、よく検討してみるといいですね。

そしてエージェントに頼む場合にはエージェント自体を吟味する必要があるので、上記のポイントを元に良いエージェントを見つけてください。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学での滞在先は?どんな滞在施設がある?

留学するときの不可欠なのはもちろんよい学校選びです。

よい学校を選ぶことと同じぐらい重要なのが滞在先ですね。

留学するときにどういったところで寝泊りをするのか、毎日の生活を送るのか、とても大切なことです。

留学のときの滞在施設としてはホームステイ、コンドミニアム、学生寮などがあります。

1年間ぐらいの長期留学で長期滞在する場合には最初の1~2ヶ月ぐらいはホームステイ、学生寮、コンドミニアムなどの手続きをしておいて、生活に慣れてきたらシェアハウスに住み替えるというのもいいでしょう。

それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

ホームステイというと受け入れ家庭は白人夫婦で子どもがいて犬を飼っているなどどいう家庭を想像する場合が多いようですが、ほとんどの国は多民族国家なので実際にはいろいろなタイプの家庭があります。

英語は話すけれどアジア系のホストファミリーという場合もありますし、インド系のホストファミリーで食事はいつもカレーということもあります。

週末はホストファミリーがどこかへ連れて行ってくれて楽しい思い出がいっぱいというのも、あそういう場合もあればホストファミリーが忙しすぎて全然構ってもらえないということもあるのです。

家族構成も民族もいろいろです。

ホームステイを斡旋してもらう場合には、合わないところで我慢して何日も過ごすということがないようにもし合わなければ変えてもらえるというフレキシブルな契約にしておくといかもしれません。

学生寮は通学に時間がかからず現地の学生や他国の留学生とも交流する機会が多くなるでしょう。

個室タイプと数人部屋ということがあるので事前に確認しておくことです。

学生寮ではトイレやシャワー、キッチンは共同です。

ランドリールームがあって洗濯はできますが、皆で共有することになるので使い方には注意が必要です。

コンドミニアムは現地での日本語でのサービスがない場合もあるので慣れないうちにコンドミニアムに入るのは難しいかもしれません。

管理会社へ英語で問い合わせなければならないのである程度英語力が着いてからの方がいいかもしれませんね。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学中に盗難にあった場合の対処法

海外渡航ではパスポートやカード類など貴重品の保管には十分注意が必要です。

万が一留学中にパスポートをなくしてしまったり、盗まれてしまった場合にはすぐにその国の大使館または領事館に連絡しましょう。

大使館や領事館はとの国でも土日はお休みです。

祝日に関しては国や時期によって異なり、基本的にはその国の祝日か日本の祝日のどちらかに休みをとることが多いようです。

大使館に連絡してパスポートの新規発給、緊急に日本に帰らなくてはならなくなってしまった場合には帰国のための渡航書を発行してもらいます。

滞在している国の大使館、または領事館の連絡先は万が一のために必ず控えておくことです。

万が一のためにパスポートはコピーをとっておき、トラベラーズチェックやクレジットカードなどのカード類の番号や有効期限などは必ず控えをとっておきます。

クレジットカードやキャッシュカードを紛失した時にはまずカード会社や銀行に連絡し、盗まれたあとに不正に使われないようすぐに止めることです。

現地警察に被害届を出し、万が一不正に使用された時のために紛失・盗難と証明書を発行してもらいます。

トラベラーズチェックをなくしたり取られた時には発行時に渡された証明書に載っている連絡先にすぐ連絡します。

購入者の控えの情報と紛失した分の番号があれば再発行の手続きができます。

何でもとにかく盗難にあったときには現地の警察に届けて盗難証明書を発行してもらいましょう。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学するときに持っていったほうがよいもの

海外に行くときには違う種類のクレジットカードを複数枚持っていったほうがいいですね。

そんなことはない方がいいのですが、万が一紛失や盗難にあったときにも複数枚あると慌てなくてすみます。

また店によって特定のカードしか使えないこともあります。

カードには利用限度額が設定されているので気づかないうちに利用限度額を超えてしまっていれば使えなくなってしまうのです。

日本で入金しておけば海外のATMで現地通貨を引き出すことができるプリペイドカードもあると便利です。

万が一パスポートを紛失したときのためにパスポートのコピーと顔写真の予備も持っていったほうがいいですね。

携帯電話に関してはいろいろな意見がありますが、現地対応の携帯を日本でレンタルして日本で受け取って持っていく方法もあります。

現地対応の携帯電話が断然安いようです。

スカイプで無料で電話をすることもできますし、長期間留学する場合にはパソコンはあると便利です。

電源プラグや変圧器も行く国に対応するものを調べて持って行ったほうがいいですね。

電子辞書は現地調達は難しいので持っていったほうがいいでしょう。

学校に通うわけですから筆記用具やノートなどの文房具は必需品ですね。

日本の文房具は質がよいので多めに持っていくと現地で友だちになった人やお世話になった人にちょっとしたプレゼントとして喜ばれます。

ちなみに三色ボールペンは海外では見かけないようです。

日用品としては折りたたみ傘は現地調達できないので持っていったほうがいいでしょう。

爪切りや耳かきなど細かいようですが、必需品です。

行く国と季節にによっては日焼け止めクリームは必須です。

自分の肌にあう日ごろ使っているものを持っていきましょう。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学先での現地通貨調達法

留学先での現地通貨の調達方法にはいくつかの方法があります。

日本円を持って行って現地通貨に両替をします。

短期留学の場合には一番シンプルな方法かもしれません。

両替するときにはレートによってかなり差がでてくるので両替する場所を吟味しましょう。

国際キャッシュカードやインターナショナルキャッシュカードといって現地通貨を引き出せる機能が付いたカードがあります。

日本の銀行の円預金の口座から留学先の海外ATMで現地通貨を引き出すことができます。

外貨預金ではなく円預金からの引き出しとなり、引き出した現地通貨は日本円に換算され手数料といっしょに日本の円預金の口座から引き落とされるという仕組みです。

インターナショナルキャッシュカードはいわゆる一般に発行されているキャッシュカードに海外のATM利用という機能をつけたものなので、国内でももちろん使うことができます。

現在では都市銀行は新規のインターナショナルキャッシュカードの発行は行われていないので新規で申し込めるのはシティバンクと新生銀行のみになっています。

VISAデビットカードを利用してATMから引き落とすこともできます。

楽天銀行、スルガ銀行、三菱東京UFJ銀行など発行している銀行はいくつかあるので使いやすい銀行を調べてみましょう。

また、借入というかたちでATMから引き落としするクレジットカードのキャッシング機能を使う方法もあります。

各カード会社で限度額設定など事前に設定が必要なので各カード会社に問い合わせてみましょう。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学にかかる費用

留学にかかる費用の算出をしておくことはとても大事なことです。

留学にかかる費用は授業料と滞在費だけではありません。

滞在費は寮なのか、ホームステイなのか、アパートなのか、滞在する方法によってかかる費用が異なってきます。

アパートであれば光熱費等が別途かかってくる場合もありますね。

学校にかかるのは授業料だけではありません。

教材費や小旅行や他のプログラムへ参加するときにかかる費用もあります。

語学学校は一定期間まとめて申し込むと授業料が割引になる制度もあります。

3か月以上通う場合には適用されることが多いのでこうした割引制度を上手に利用することで授業料を15~30%ぐらい安く抑えられる場合もあります。

また、格安航空券を利用するにしても航空運賃は時期によってかなり大きな違いがあります。

諸手続き費用として学校のホームステイを斡旋してもらうときの手数料や留学エージェントに依頼するときの手数料などがあります。

他に当然、食費、現地での交通費、お小遣いも必要になってくるでしょう。

海外旅行するときに加入する海外旅行保険と海外留学保険がありどちらがどう違うかも比較して加入するといいのですが、そのときの保険料もいりますね。

海外で学校に通う予定があれば日本での職業や年齢に関わらず申し込みができる国際学生証というものがあります。

国際学生証があれば観光やレストランなどで学割がきくこともあるので少しでも支出をおさえるために留学前に国際学生証を作っておいて事前に使える場所をチェックしておくといいですね。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学前にやっておくべき諸手続き

留学前にやっておくべきいろいろな手続きがあります。

まず留学中の住民票についてですが、短期の語学留学ぐらいであれば旅行と同じなのでもちろんそのままでなんの問題もありません。

一人暮らしをしていた人がアパートなどを引き払って留学するときには住民登録地を明らかにするために親元の住所に住民票を移しておいたほうがいいかもしれません。

留学期間が1年以上になる場合にはきちんと正式な届出が必要になります。

住民票の届けがある管轄の市役所に国外転出届を出します。

帰国後は留学期間が5年未満であれば管轄役所にパスポートを持って行って手続きをしなければならないので、もし帰国したときにそこに戻らないのであれば一旦親元に住民票を移してそこで国外転出届を出すほうが何かと便利かもしれません。

1年未満の場合には届出の提出の義務はありません。

また、留学期間が5年以上の場合にはパスポートの他に戸籍抄本または謄本、戸籍附票を提出しなければなりません。

国民年金に加入している場合には国外への転出届を出した場合には強制加入はありません。

帰国後に年金手帳をもって管轄の年金課に行けば再開できます。

1年以内の滞在であればいない間の年金の支払は先に済ませておくか、帰国してからまとめて払い込むかになるでしょう。

詳しくは管轄の年金課に問い合わせてみるのがいいですね。

税金に関しては所得税は年末調整を行うことで納付額が確定して精算されるのですが、1年以上留学する場合には出国の時点で年末調整を行うことができます
1年未満で帰国する場合には帰国してから確定申告をするといいでしょう。

住民税は前年の所得に対して課せられます。
留学中に請求が来る可能性があるので、1年以上留学する場合には「国外転出届」を出して住民票を抜いておいたほうが賢明かもしれません。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学する前にやっておいたほうがいいことの続き

日本のことをよく知ることも大事です。

留学前に日本のことをよく勉強しておきましょう。
自分の国なのに改めて尋ねられると答えられないといったことも多いかもしれません。

自分が日々暮らしている国のこと、地域のこと、尋ねられたときに「さあ」では困ります。

海外生活を送る上で外せないのが宗教のことです。
宗教についてよく理解しておきましょう。

欧米ではキリスト教が生活のベースになっていることが多く、国によってはイスラム教徒やユダヤ教徒もいます。

日本の宗教、仏教、神道についても基本的なことは知っておいたほうがいいですね。

身体面でいえば歯の治療だけは完璧にしていったほうがいいようです。

外国では歯の治療には保険が使えません。
虫歯になってもすぐ抜いてしまうといったこともあります。

大丈夫と思っても留学前には歯医者に行っておくといいですね。

日頃自分が使っているもについてのリストを作っておきましょう。

化粧品や常備薬、携帯歯ブラシ、スリッパ、小柄な人であれば自分のサイズの下着やくつなど、インスタント味噌汁やお茶や海苔などの簡単な日本食など。

常備品として使っているもので留学先では手に入らないもの、手に入りにくいものもあるので下調べは十分に。

あとで送ってもらうには送料がかなりかかってしまいます。

ある程度プランが決まったら行くまでの準備のリストを作ってみましょう。

旅行会社にお任せプランであっても自分ですべきことはいくつかあります。

時間がかかることもあるのでかかる時間を見越してリストを作ってそれに従って準備をすすめていくといいですよ。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。

留学する前にやっておいたほうがいいこと

最近は海外で勉強している日本人はずいぶんと増えていますね。

短期の語学留学もあれば1年間の交換留学、大学や大学院への進学もあれば、親子留学もあるようです。

海外留学だからこそできる素晴らしい体験が多い一方で、せっかくお金と時間をかけて行っても日本人同士固まって何をしに行ったのかわからないなんて人も中にはいるような・・・・
せっかく行くのですから楽しくて少しでも有意義な留学生活が送れるようにまず留学する前に知っておいたほうがよいこと、やっておいたほうがよいことについてお話したいと思います。

確かに外国語を学ぶにはその言葉が使われている国に行ってその国の言葉に浸るのが一番でしょう。

だからといって行きさえすればそのうち話せるようになるだろうというのはちょっと甘いかも。

まず自分はどうして留学したいのかよぉく考えてみましょうね。

そして留学してどうなりたいのか、何をしたいのか、何を学びたいのか、留学後の自分をイメージしてみましょう。

そうすれば留学にあたっての目標も自ずとはっきりしてくるはずです。

英語の語学留学に限っていえば国によって使われている英語の発音やアクセント、イントネーションなど違います。

ですから留学する国によって当然学ぶ英語も変わってくるわけです。

またその国によって国民性というのもありますし、生活のスタイルもそれそれ違います。

行ってからこんなではなかったと後悔しないように事前のリサーチをしっかりすることです。

カテゴリー: 留学全般 | コメントは受け付けていません。